占い師は英語で、

"fortune-teller"─幸運を告げるものと言います。


古代の賢人は、「人は宇宙という大自然の一部」と考え、大自然の法則を詳細に観察し、国家の情勢や個人の性格、運勢などを占う方法が研究されるようになりました。

ちなみに、西洋占星術の起源は古代メソポタミア文明と言われ、"占い"の歴史は古く、古代では星の動きや気象の状況、動物のふるまいなどから未来を予兆する試みがなされていたそうです。


古代の自然科学であり、哲学である"占い"は、先人たちの知恵の集大成と言えます。

そしてその知恵を、人を幸運に導くために正しく伝えることができる者が、"fortune-teller"なのです。